用途変更・確認申請のページをアップしました

用途変更とは

建築物は住居や学校、医療福祉、商業、工場といった特定された用途のために許可を得てから建築されています。
許可された用途から、他の用途で使用する際には、事前に「用途変更」という行政手続きが必要です。

該当する建物を管轄する特定行政庁によって判断は異なりますが、多くの場合は、法律に基づく建築確認や完了検査の手続きが必要になります。また、そのエリアでは認められていない用途へ変更することはできません。

このように、用途変更には建築に関係する法律、法令、条例などのさまざまな法律的な要素を満たす必要があります。

ページはこちらです。

Scroll to Top